若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

更年期といえば40代・50代の女性がなるイメージ…
しかし近年では20代・30代の若い女性でも同じ症状に悩まされることがあり、世間的ではこれを「若年性更年期障害」と呼んでいます。

 

こちらではその若年性更年期障害が一体どんな病気なのか、またそれに伴う対策などをわかりやすくお伝えします。

 

若年性更年期障害とは

 

若年性更年期障害の症状は?チェック方法

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

若年性更年期障害の場合、次のような症状がみられます。

 

□暑くないはずなのに汗が止まらない
□ホットフラッシュ(顔がほてる・のぼせる)
□頭痛がする
□肩こり・腰痛がひどい
□疲れやすい
□イライラしやすい
□不安感がある
□ふらつき・めまいがする
□耳鳴りがする
□手足が冷える
□集中力がなくなった

 

若年性更年期障害はこのような40代〜50代に起きる更年期症状が20代〜30代でみられます。

 

若年性更年期障害の原因

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

正確に言うと、若年性更年期とは正式な病名ではありません。
あくまでも表面的な言い方で、その裏側には以下のような病気であることが考えられます。

 

月経前症候群もしくは月経前不快気分障害

PMSとも呼ばれる「月経前症候群」は、生理がくる約3日〜10日前にある不調のことです。
腹痛・頭痛・胸が張る・イライラ・不安感・抑うつなど、更年期障害に似た症状が生理前の数日続き、徐々にその症状はおさまってきます。

 

一方、PMDDとも呼ばれる「月経前不快気分障害」は、PMSのイライラ・不安感・抑うつなどの精神的症状が、生活に支障をきたすほど重症化しているものをいいます。
それがさらに不眠や倦怠感にも繋がってしまい、そうした諸々の不調が更年期障害だと思い込んでしまう人もいます。

 

ですが、月経前症候群も月経前不快気分障害も、生理前もしくは生理中に起きるもの。
「不調は慢性的ではなく生理前に起きることが多い」ということであれば、月経前症候群、もしくは月経前不快気分障害の可能性が高いでしょう。

 

自律神経失調症

自律神経とは、視床下部(脳)からの指令を臓器・血管・リンパなどあらゆる箇所に送り、身体全体を24時間コントロールしている大切な神経のことです。
それが乱れてしまい不調を起こすようになってしまうことを自律神経失調症といいます。

 

その乱れの原因は、肉体的・精神的ストレスや偏食、無理なダイエットや不眠などの不規則な生活習慣。
社会人としてはまだ若い20代〜30代…「若いから大丈夫」と多少の無理も出来てしまう年だからこそ、自律神経失調症になってしまいやすいかもしれません。

 

卵巣機能不全

自律神経が乱れてしまうと、女性ホルモンの分泌を促す役割が果たせなくなってしまうため、生理周期が安定しなくなったり、稀に早期閉経してしまうことがあります。
(※早期閉経=43歳以下で1年以上生理がこなくなること)

 

正常な周期が25〜38日に対し、それ以前やそれ以降にきてしまうことも増えるため、その不安定な生理周期が更年期障害と勘違いさせやすいでしょう。

 

バセドウ病・橋本病などの甲状腺の病気

甲状腺とは喉ボトケのすぐ下にある蝶々のような形をした部位で、視床下部からの指令に応じて甲状腺ホルモンを分泌し、新陳代謝を促進したり、心体の健康を保ちます。
この甲状腺の病気は、ほとんど自己免疫疾患が原因。
ですから、大量発汗やイライラなど更年期障害に似た症状が起きやすく、更年期障害だと思われやすいです。

 

若年性更年期障害でも妊娠できる?

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

不調の原因にもよりますが、妊娠するには甲状腺・卵巣機能が健康でなければいけません。
検査を受け、不調の原因が何なのかを明確化させ、それにあった対策を取って妊娠しやすい身体を作りましょう。
医師に妊娠を望んでいる旨を伝えると、治療や生活習慣について的確なアドバイスがもらえますよ。

 

病院による若年性更年期障害の検査

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

更年期障害の疑いがある人は婦人科での検査がおすすめです。
ホルモンバランスの状態がわかる血液検査や子宮や卵巣機能に異常がないかを調べる触診・超音波検査・細胞検査などがあります。
イライラや不安感など精神的な症状が強い人は精神科・精神内科も受診しましょう。

 

若年性更年期障害の治療法

 

規則正しい生活を送る

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

生活習慣の乱れは心と体の乱れに繋がります。
生活習慣を見直すことが自然治療となって症状改善に役立つでしょうから、ぜひ栄養バランスの取れた食事生活、質の高い睡眠、適度な運動、ストレスのたまらない生活習慣を心がけてみてください。

 

漢方薬を飲む

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

「病院に行くほどではない」「薬を飲むほどでもない」ということであれば、処方箋よりも作用が緩やかな漢方薬がおすすめです。
緩やかといっても飲み続けることでそれぞれの症状を緩和させ、身体の調子を整えてくれます。

 

>>更年期障害におすすめの漢方薬とは

 

病院治療を受ける

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

不調の原因がホルモンバランスの乱れなら、婦人科で注射・貼り薬・塗り薬・内服薬とあるホルモン補充療法(HRT)や注射・内服薬プラセンタ療法などの治療、低用量ピルや漢方の処方などしてもらいましょう。
いずれも3か月以上の継続的な治療が必要になり、検査にて更年期障害と診断されない限りほとんどが保険適用外の実費になります。
副作用や金額などは治療内容・医療機関によって異なるので、あらかじめ治療前に聞いておきましょう。

 

また、精神的なケアは精神科・精神内科のカウンセリングや処方箋が適しています。
デリケートな悩みだからこそ専門医師に相談して、解決させましょう。

 

若年性更年期、早めの検査・対策を!

 

若年性更年期障害の症状チェック!原因と対策まとめ | 更年期の友

 

女性の身体は自分が思っている以上に繊細です。
少しの無理が重い病気や症状に繋がりますので、これを機会に自分の身体と心にしっかり向き合い、健康的な生活を取り戻しましょう。

 

>>更年期サプリおすすめ人気ランキング