更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

  • 全身あちこちがかゆい
  • 陰部のかゆみがひどくて夜も眠れない
  • 湿疹ができていて、無意識に掻きむしってしまう

 

このような肌のかゆみは、更年期によくある症状の一つです。

 

しかし、なぜ更年期になるとかゆみが出やすくなるのでしょうか?
ここではその厄介なかゆみの原因と、更年期のかゆみに適した対処法をお伝えします。

 

更年期のかゆみの原因

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

「掻いてはいけない」とわかってはいるものの、我慢ができないほどかゆいのが更年期のかゆみ。

 

これまで目立った皮膚トラブルはなくても、下着や服の擦れなどで全身がかゆくなる方もいれば、髪の毛が触れただけで顔周りがかゆくなる方もいます。
陰部も同じ。
陰毛や下着が擦れるせいで強烈にかゆくなります。

 

なぜこうした皮膚トラブルが突然起きるようになったのでしょうか。

 

更年期のかゆみの原因はエストロゲンの減少

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

更年期になると、加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が大幅に減ります。
このエストロゲンは、皮膚の水分保持や、ヒアルロン酸やコラーゲンの維持、若々しい健康的な皮膚を作り出すターンオーバーを促進させる働きを担っているもの。
その肝心なエストロゲンが分泌されないとなると、栄養不足な皮膚は乾燥しやすくなったり刺激に弱くなってしまいます。

 

ですから、これまで使っていた化粧品が合わなくなったり、必要でなかった保湿クリームが必要になるなんていうのも、更年期にはよくあることなのです。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は他にも

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

また、デリケートゾーンおいては不衛生さもかゆみの原因と考えられます。

 

更年期のもう一つの症状として「尿漏れ」があります。

 

これは尿道や膀胱など骨盤底の筋力が低下したことによるもので、咳やくしゃみ、大笑いした時など腹部に力が入ると、ふと尿が漏れてしまうのです。
すると、下着の中の環境はどうでしょう?

 

かゆみが起きるのもわかりますよね。
ですから、更年期で陰部のかゆみに悩む人はとても多いのです。

 

シワの原因はただの加齢ではない?

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

余談かもしれませんが
更年期になって急にシワが増えた!ということはありませんか?

 

もちろん、歳を重ねていくとシワが増えるのはごく自然なことですが、45〜55歳で急速にシワの数が増えたとなれば、ただの加齢ではなく、先程かゆみの原因でお伝えしたように“ホルモン変化による肌修復力の低下”が影響しているのかもしれません。
保湿クリームや美容液など外側の美容対策だけでなく、内側からの更年期対策も必要になるといえますね。

 

更年期かゆみの対処法

 

サプリメントを摂取する

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

手軽な対処法としておすすめなのが、サプリメントです。
特にエクオールが入ったサプリメントは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるため、かゆみや他の更年期症状を効率良く緩和させてくれるでしょう。

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

私が試した中で最もおすすめなのは「クオリア」というサプリメントです。

 

クオリアには1日の理想摂取量を満たすエクオールを始め、高級美容成分として名高いプエラリアミリフィカ、保水力を高めるパイナップルセラミドや肌の新陳代謝を促すメロンプラセンタなど、デリケートな更年期の身体に適した成分がたっぷり。
他の更年期サプリと比べても、更年期対策だけでなく美肌力にも優れているサプリメントとして群を抜いていました。

 

それゆえ、1袋(約1か月分)が9,200円となかなかのお値段なのですが、公式サイトのキャンペーン期間はとてもお得に購入することができます。
更年期を楽にするサプリと美容に良いサプリ、2種類がこれ1つになっていると思えば、なおさら嬉しいです。

 

>>詳細はこちら

 

漢方薬を摂取する

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

サプリの次におすすめなのが漢方薬です。
漢方薬には生薬独特の香りと苦味があるということと、飲む人の体質によって適する漢方が異なるので、注意する必要があります。

 

【当帰飲子(とうきいんし)】
対象:体力中等度以下・通年乾燥肌に悩んでいる・冷え性・高齢者向き
→体内の水分と熱のバランスを整えて、肌の炎症を抑える

 

【四物湯(しもつとう)】
対象:体力虚弱・冷え性・色艶が悪く皮膚がかさついている
→水の巡りを良くし、肌に潤いを与える

 

【温清飲(うんせいいん)】
対象:体力中等度以下・色艶が悪く皮膚がかさついている・手足の裏がほてる湿疹がある
→血液循環を良くし、肌調子を整える

 

【黄連解毒湯(おうれんげどくとう)】
対象:体力中等度以上・のぼせ気味・肌に炎症がある
→体内の熱を冷まして、炎症を鎮める

 

肌の洗い方を見直す

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

弱っている肌に対し、刺激を与える行為はNGです。
また、肌のバリア機能というのは、皮膚上にある適度な皮脂のことですから、洗浄力が強すぎる石鹸を使っていたり、摩擦をかけてゴシゴシと洗っていると、必要以上に皮脂が落ちてしまいます。

 

基本的に身体を洗う際は、柔らかい綿のボディタオルなどを使って、肌を優しく撫でるように洗います。
この時、泡立ちネットを使って泡立てたものをボディタオルに移して洗うと、すっきりした洗い上がりになりますよ。
また、ボディソープやボディタオルを使わなくても、お湯で洗い流すだけでもほとんどの汚れは落とすことができるので、乾燥やかゆみがひどい場合にはシャワーだけにしましょう。

 

顔は、ぬるま湯を洗面台や桶に溜めて、なるべく沢山のお湯を掬い、10〜15回ほど顔にジャバジャバとかけて洗うのが理想です。
洗顔フォームを使う場合はしっかり泡立ててから使いましょう。

 

スキンケア方法を見直す

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

せっかくスキンケア商品があるのに「合わなくなったから」と一気に買い換えてしまうのはもったいないですよね。
買い換える前に、一度使い方を変えてみてください。
化粧水と乳液の順番を逆にしてみましょう。
また、ただ塗りたくるのではなく、塗った後手のひらで優しく肌を抑えて、皮膚の奥に浸透させましょう。
適度な油分を与えることで保湿力をアップさせます。

 

衣服の選び方に注意する

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

肌は合成繊維に触れるとかゆみを起こしやすいです。
かといっても赤ちゃんのようにほぼ全身天然素材で…なんてことは難しいでしょうから、せめて肌着やスカーフなどはシルク・綿100%のものを使うようにしてみましょう。

 

肌の調子を整える食べ物を摂取する

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

栄養バランスの良い食事は健康的な身体づくりの基本です。
そうした食事に以下の食材をプラスαで加えて、かゆみの原因を身体の内側から解消しましょう。

 

【たんぱく質】
納豆・牛乳・鶏胸肉・卵・鮭・カツオ など
→たんぱく質の一種であるコラーゲンは身体の3分の1を占めている重要な栄養の一つ。そのコラーゲンは肌にハリと潤いを与え、保湿に優れた健康的な肌を構成してくれる。

 

【ビタミンC】
赤ピーマン・黄ピーマン・パセリ・アセロラ・レモン など
→たんぱく質からコラーゲンに合成する際に体内の酵素が使われるが、その酵素の働きを助けるのがビタミンC。
また、肌に潤いを与えたり、透明感のある若々しい肌の構成をサポートする役割もある。

 

【ビタミンA】
鶏レバー・うなぎの肝・銀ダラ・穴子・シソ・人参 など
→保水力を高めて、肌荒れや老化予防に役立つ。

 

ホルモン補充療法(HRT)を受ける

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

一時的にかゆみを抑えるなら、皮膚科でステロイドなどのかゆみ止めを処方してもらうべきですが、長い目で見て身体の中からじっくりと更年期障害を対策していくなら、婦人科や更年期外来で行うホルモン補充療法がおすすめです。

 

注射・貼り薬・飲み薬・塗り薬…症状や患者の希望で治療内容は異なりますが、前もって行う検査で更年期症状と診断されれば、ほとんどが保険適用可能。

 

通院が必要になりますが、自分の症状は専門医から見てどうなのか、更年期以外の疾患や病気にかかってはいないのかなども知ることができます。

 

更年期のかゆみ「いつか治る」はNG!

 

更年期症状のかゆみ対処法|陰部・顔・頭皮など肌がかゆい原因とは | 更年期の友

 

かゆみは一時我慢できていたとしても、無意識に掻いてしまっているもの。
ひどくなれば掻いたところが化膿してしまい、結局皮膚科に行かなければなんてことも…

 

更年期の身体は自分が思っている以上にデリケートです。
日々、身体を労わり、かゆみから解放してあげましょう。

 

 

>>更年期サプリおすすめ人気ランキング