更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

ほとんどの女性が迎える更年期。
その症状や重さはじつに様々ですが「普段通りに生活できない…」と心身ボロボロになる人も多くいます。
簡単にいえばその重い症状こそ、更年期障害です。

 

ここでは更年期障害の具体的な症状や原因、症状が続く期間や対策などをわかりやすく解説します。

 

更年期障害とは

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

更年期障害とは、更年期という自覚がある中で
さらに日常生活に大きな支障をきたすほど、重い症状を抱えている事をいいます。
肉体的にも精神的にも自己コントロールが難しく、ひどい人は身体的疾患を抱えたり、鬱になってしまうケースもあります。

 

最悪の場合は「命を絶ちたい」と考える人もいるほどですから、更年期障害を決して侮ってはなりません。
放置して治ることもなければ、症状は日に日に悪化してしまいます。
まずは自分自身でできることを、簡単なことからでもいいのではじめてみることが大切です。
ここで今一度自分の身体の変化と向き合い、心と身体を楽にしてあげてください。

 

更年期障害の症状

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

更年期障害になると次のような症状がみられます。

 

ホットフラッシュ(大量発汗・のぼせ・ほてり)・こわばり・頭痛・肩こり・腰痛・立ちくらみ・関節のしびれ・耳鳴り・しびれ・動悸・めまい・不眠症・冷え性・むくみ・だるさ・疲れやすい・倦怠感・疲労感・精神的イライラ・憂鬱感・不安感・高血圧 など

 

これらが慢性的に起きる人もいれば、突発的に起きる人もいます。

 

「夫にひどく当たってしまう」
「朝のこわばりがひどくてしばらく動けない」
「自分だけいつも暑がっている」

 

これらは更年期にありがちな悩みで、決して珍しいことではないので安心してくださいね。
いずれも自分だけでなく家族や職場の同僚に協力や理解がなければ、普通の日常生活を送ろうにもとても大変なのです。

 

更年期障害の原因

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

更年期障害の原因は、主に女性ホルモンであるエストロゲンの減少にあります。
40〜50代の閉経近くになると女性機能が低下してエストロゲンが急激に少なくなります。
すると、「エストロゲンを分泌しなさい」と指令する脳に対し「分泌できない」と卵巣は訴えるようになり、その混乱が消化器・生殖器・血管などあらゆる体内機能の調節を担う自律神経をも乱してしまうため、結果的に心身の不調を招くようになってしまうのです。

 

ちなみに「更年期障害は遺伝なのではないか」という話もあるようですが、これらのメカニズムによって症状は出てしまうので、遺伝とはあまり関係がないとされています。

 

更年期障害になる年齢はいつまで続く?

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

更年期は一般的に閉経の前後10年といわれていますが、わかりやすく症状が出るのはその期間中のおよそ2〜3年、人によっては5年、稀に10年以上症状に苦しむ人もいます。
ほとんどの症状が50代後半〜60代前半でおさまるとされていますが、重い症状が続いている人の中には症状が疾患化してしまい、更年期が終わったであろう60代以降になっても体調不良に悩まされるケースもあります。

 

いずれも個人差がありますが、症状が数年続くとなれば決して楽な話ではないので、対策をし続け、少しでも悩まない生活を送ることが大切です。

 

重症度を知ろう!セルフチェック方法

 

対策の前にまずは自分の更年期症状がどれくらいのレベルなのかを理解しましょう。
この時点で合計点数が51以上の方は婦人科での診察が必要です。

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

合計点数からわかる結果

0〜25

大きな異常なし

26〜50

バランスのとれた食事、適度な運動を

51〜65

更年期・閉経外来の受診がおすすめ

66〜80

長期の治療が必要

81〜100

各科の精密検査を 長期の治療が必要

出典:小山嵩夫 産婦人科漢方研究のあゆみ 1992;9:30-34より一部改変

 

更年期障害の対策6選!

 

サプリメントを飲む

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

上記のセルフチェックで26〜60以下の方には作用が薬よりも緩やかな更年期サプリメントをおすすめします。

 

更年期サプリメントは医師や薬剤師の処方なく手軽に買うことができ、中には更年期の症状を軽減させるだけでなく豊富な美容成分を含んでいるものもあるため、同じ世代でイキイキと輝く美魔女たちにとっては絶対的アイテムなのです。

 

当サイトでも様々なサプリメントを比較していますが、中でもイチオシなのは「クオリア」です!

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

実際に飲んでいますが、ほぼ無味無臭で飲みやすいので、更年期対策初心者の方にもおすすめ(^ ^)
飲み続けていると、早い段階で重りをつけていたような身体がふと軽くなったように感じ、次第にホットフラッシュやイライラなど更年期症状全般がおさまってきて、格段に過ごしやすくなりました!

 

クオリアを飲むまでは「こんな更年期が何年も続くなんてもうお先真っ暗!」なんて思っていましたが、これさえあれば怖気づくことなくやっていけそうです♪

 

>>体験レビューはこちら

 

私がなぜこのクオリアを試そうと思ったかというと、今までの更年期サプリにはなかった“エストロゲンそのものになりきって更年期症状を抑えてくれる”エクオールが入っていたから。
豆乳や納豆から摂れるともされているエクオールですが、そのために必要な腸内環境・腸内細菌を持っている人は日本人の2人に1人なんですよね…

 

ですが、クオリアがあれば、そうした腸内環境・腸内細菌を持っている持っていないに関わらず、飲んだ人全員が1日の理想量10mgのエクオールを摂取することができるんです!
公式サイトでほぼ半額で買えたので、コスパも含め総合的に買って正解でした。
下に公式サイトを貼っておくので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

公式サイトはこちら

 

 

漢方薬を飲む

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

漢方もサプリと同様に作用が緩やかで、ドラッグストアや漢方専門店など市販でも買えるアイテムとしても人気が高いです。
特におすすめの漢方薬をご紹介します。

 

ホットフラッシュ(大量発汗・のぼせ・ほてり)

→加味逍遙散(かみしょうようさん)・温清飲(うんせいいん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 

肩こり

→加味逍遙散(かみしょうようさん)温清飲(うんせいいん)・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

めまい・立ちくらみ・疲労感

→当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

冷え・腰痛・むくみ・疲労感・不眠

→当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)・五積散(ごしゃくさん)・温経湯(うんけいとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・当帰?薬散(とうきしゃくやくさん)

 

頭痛

→当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

 

精神的イライラ・不安感

→加味逍遙散(かみしょうようさん)・温清飲(うんせいいん)

 

病院治療

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

婦人科や更年期・閉経外来では問診にはじまり、内診・超音波検査・細胞検査・血液検査・乳房検査など症状に応じて検査をしてくれ、主にホルモン補充療法(注射)や漢方薬、飲み薬や貼り薬などの処方箋、メンタル面での治療が必要であれば精神療法があります。
また診断結果で更年期症状であることが証明されれば、ほとんどが保険適用可能です。

 

いろいろ対策してみたけど症状が一向におさまらない人、先程のセルフチェックで重症度の高かった人はぜひ早めの診察を。

 

食生活を見直す

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

健康的な身体を保つには栄養バランスのとれた食事が必要不可欠です。
中でも下記の食材を使うと、更年期対策に役立ちます。

 

ビタミンE

血行を良くし血管の拡張・収縮を和らげることでホットフラッシュを抑えたり、自律神経を整えてくれるので精神的なイライラ・不安感の対策に繋がります。
また、抗酸化作用に優れているため、体内のサビ=老化を防ぎ、エイジングケア&健康維持にも◎
食べ物:いくら・すじこ・アーモンド・アボカド・シソ など

 

大豆イソフラボン

抗酸化作用&悪玉コレステロール値を下げる働きがあり、生活習慣予防になります。
食べ物:豆腐・豆乳・納豆・きな粉・油揚げ など

 

亜鉛+タンパク質

同時摂取することで、骨を支える筋肉増強や血行促進、冷えやむくみの改善が期待できます。
食べ物:亜鉛→生牡蠣・するめ・煮干し・かたくちいわし など
タンパク質→卵・マグロ・カツオ・納豆・マグロ・鶏肉 など

 

ビタミンB1+B12

働き:イライラ・集中力低下の防止に役立ちます。
食べ物:ビタミンB1→うなぎ・たらこ・豚肉・ナッツ など
ビタミンB12→牛や鶏のレバー・アサリ・秋刀魚・牡蠣 など

 

ビタミンC

美肌作りにいい印象のビタミンCですが、ストレスや病気に打ち勝つ抗酸化力が秀でています。
食べ物:赤ピーマン・パセリ・レモン・ゴーヤ・ケール など

 

カルシウム+ビタミンD

Wパワーで効果的に骨密度の減少を抑えたり、骨を丈夫に保つ働きがあります。
食べ物:カルシウム→牛乳・わかめ海藻類・チーズ・ヨーグルト・小魚 など
ビタミンD→イワシ・秋刀魚・しらす干し・カレイ・干し椎茸 など

 

適度な運動を行う

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

立てない・起き上がれない位の重い更年期症状であれば運動は難しいでしょうが、体を動かせるのであれば、まずは体操やストレッチなどの軽い運動から始め、外出時は階段を使ったり1駅分歩いてみたりとなるべく身体を動かすようにし、1日平均30分〜1時間歩くことを目指しましょう。

 

リラックスできる時間を作る

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

精神的ストレスは身体に毒です。
更年期のイライラや不安感に直結するので、好きなこと・リラックスできることを通して、ストレスが溜まりにくい身体を作りましょう。
やる内容にもよりますが、1か月に1日リラックス日を作るよりも、1週間に3時間、1日20分などとこまめにリラックスタイムを設けた方が、その時々のストレスを解消しやすいかもしれません。
とにかく長期間なるべくストレスを溜め込まないよう工夫し、心穏やかな日々を送りましょう。

 

20代〜30代にも?若年性更年期障害

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

実は今「若年性更年期障害」と呼ばれる30代以下の更年期症状が急増しています。
症状は40~50代の更年期症状と同じで、ごく稀に早期閉経してしまう場合もあります。(43歳以下で1年以上生理がこない症状)

 

若年性更年期障害の原因として考えられるのは、生活習慣の乱れです。
これらの不健康な生活習慣は、卵巣機能の低下やホルモンバランスが崩しやすいので、若年性更年期障害を招きやすいとされています。

 

  • 睡眠が十分に取れていない
  • 食生活が乱れている
  • 身体が冷えやすい
  • ストレスが溜まりやすい など

 

ただ、更年期障害になったとしても子どもが授かれなくなるわけではありませんので、なるべく早くに婦人科で診察を受け、早期発見することが望ましいです。

 

更年期は上手に過ごしましょう

 

更年期障害って何?症状・原因・期間・対策をわかりやすく解説 | 更年期の友

 

いかがでしたか?

 

下記のサイトでは先程ご紹介したクオリア含め、更年期サプリを多数ご紹介しています。
よろしければそちらも参考になさってくださいね。

 

少しでも早く皆さんの毎日が楽になれますように…

 

 

>>更年期サプリおすすめ人気ランキング