更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

身体が重た苦しく、日常生活に様々な影響を与える更年期障害。

 

そんな厄介な更年期症状ですが、実は男女で原因や症状の出方、対策が異なるのをご存知ですか?

 

こちらでは更年期対策を男女それぞれでご紹介します。
ご自身だけでなく、大切なパートナーとの更年期対策にも役立ててみてくださいね。

 

女性と男性の更年期障害|原因と症状

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

そもそも、更年期という時期は男女で異なります。

 

女性:閉経の平均年齢50歳、それの前後5年を取った45〜55歳頃
男性:女性のプラス10歳(個人差あり)

 

女性は20代や30代の更年期症状(若年性更年期障害)も有名ですが、正しくは自律神経失調症や卵巣機能不全などが原因であり、ここでお話しする加齢による更年期とは全くの別もの。
また、男性でも30代など若い年齢で更年期症状と感じるケースもありますが、これも女性と同じように加齢とは関係ありません。

 

いずれも症状の出方が更年期と似ており、「若年性更年期障害」という言葉がすでに出回ってしまってことから、早々に更年期と自己判断してしまいがちなのですが、事実この言葉は正式な医学用語ではありません。

 

ここでは一般的な男女の更年期についてお話ししますね。

 

更年期の症状

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

男女の更年期症状はほとんど変わりなく、様々な不調が襲ってきます。

 

男女共通

ホットフラッシュ(顔や体の火照り)、大量発汗、めまい、吐き気、疲労感、関節痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、しびれ、動悸、手足の冷え、むくみ、高血圧、不眠症、強烈な眠気、頭痛、イライラ、不安感、肉体的・身体的な疲労感、倦怠感、憂鬱

 

唯一、異なる点は↓

 

女性

>生理不順、経血色・経血量の変化、不正出血

男性

勃起不全、性欲低下

 

更年期の原因

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

男女どちらも加齢によるホルモンの異常が原因です。

 

女性:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下
男性:男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下

 

これらが肉体的な循環器や消化器、精神的バランスなどあらゆる神経を司る、自律神経を乱れさせて不調を招いてしまうのです。

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

※図引用:HUMAN+ 女と男のディクショナリー「男性にも更年期はある?」

 

また、この図を見てわかる通り、女性は40代後半から50代前半にかけ、エストロゲンの分泌量が急激に低下していますよね。
一方男性のテストステロンの分泌量はというと、緩やかに低下しています。
このことから、女性は男性に比べ特に不調が現れやすいということがわかります。

 

そして先程、更年期の時期について「男性:女性のプラス10歳(個人差あり)」と記しましたよね。
これは、精神的ストレスや不規則な生活習慣など、その人の性格や生活スタイルがテストステロンに大きく影響するからです。

 

一般的な30・40代位の男性は、重責な役職に就いたり家庭を持ったりと、様々なプレッシャーがのしかかりやすい頃。
「まだまだ若いから大丈夫」と多少無理もしてしまうでしょう。
しかし、テストステロンの分泌量はというと30歳以降徐々に低下するもの…
ストレスや不規則な生活は、そこにさらに拍車をかけるような形で、更年期に近づけてしまいます。

 

ですが、一方では楽観的な考えを持って世を渡り歩く人もいます。
そんな方は、緩やかな下降に身を任せ…
いえ、むしろ若い頃とほとんど変わることなく、いつでも現役!

 

そうした違いがあって、男性の更年期の年齢について一概には言えないのです。

 

更年期障害を乗り越えるための5つの対策

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

とはいえども、更年期の症状が出れば、生活しにくいことに変わりありません。
ここでは男女共通する対策と併せて、それぞれにあったサプリメントや漢方薬をご紹介します。

 

規則正しい生活は鉄則

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

まずは基本的なところから見直ししていきましょう。
若々しく健康的な体作りは、以下の3本柱で成り立ちます。

 

栄養バランスの取れた食事

朝・昼・晩と1日3食、夜の食事は就寝の3時間以上前

 

定期的な運動

1日30分〜1時間程度の有酸素運動(ウォーキング・ランニング・水泳など)

 

質の高い睡眠

睡眠時間は6〜7時間
パジャマを着て気持ちをOFFに

 

もちろんタバコや過度なお酒の摂取はNG。
また、これを数日間だけ続けてもほとんど意味がありません。
ストレスのない、負担の少ないことから始め、徐々に身体を慣れさせて、自分のペースで規則正しい生活リズムを作っていきましょう。

 

特に摂取しておきたい栄養・食べ物

 

基本は栄養バランスの摂れた食事ならOKですが、男女それぞれ積極的に摂ってほしい食べ物があります。

 

女性

【ホルモン促進にイソフラボン】
→豆腐、納豆、豆乳、納豆、きな粉など
【自律神経を整えるビタミンE】
→アーモンド、いくら、煎茶、アボカドひまわり油、乾燥唐辛子など
【血行促進にタンパク質+亜鉛】
→(タンパク質)鶏胸肉、鶏ささみ、チーズ、卵、大豆、乳製品など
+(亜鉛)牡蠣、するめ、豚レバー、ビーフジャーキー、松の実、ゴマなど

 

男性

【男性ホルモン促進にビタミンE】
→アーモンド、いくら、煎茶、アボカドひまわり油、乾燥唐辛子など
【筋肉増強にタンパク質】
→鶏胸肉、鶏ささみ、チーズ、卵、大豆、乳製品など
【生殖機能の改善に亜鉛】
→牡蠣、するめ、豚レバー、ビーフジャーキー、松の実、ゴマなど

 

これらの食材をただ大量に食べればいいということではありません。
(過剰摂取してしまうとかえって危険)
もし食材を選択できるとすれば、ぜひ積極的に選んでほしいというものです。

 

まずは更年期サプリメントから

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

こうした食べ物をおすすめしても、実際継続的に摂取するのは難しいかもしれません。
それであれば、ぜひサプリメントに頼ってみてください。

 

「更年期サプリメント」というのをご存知ですか?
更年期の身体に不足しがちな栄養を、効率良く補うことができます。
1日1回飲めばいいだけなので、毎日忙しい!という方や、日頃の生活スタイルに自信がないという方におすすめです。

 

女性におすすめの更年期サプリメント

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

これまでの更年期サプリメントにはなかった、画期的な最新サプリをご紹介しますね。
おしゃれなパッケージが印象的な「クオリア」です。

 

>>詳細はこちら

 

今までの女性用更年期サプリは、乱れた自律神経をカバーするような間接的な働きしかなく、肝心なエストロゲンが増えずに困っている卵巣には何のアプローチもできずにいました…
しかし、この「クオリア」は、エストロゲンに似た作用を持つエクオールが含まれていることによって、効率良く更年期症状を緩和できるように。

 

これ以上の対策はない、まさに更年期症状の根源をケアできるサプリメントです!

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

※私が実際に飲んでいるものです※

 

体験レビューを載せておきますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

>>体験レビューはこちら

 

男性におすすめの更年期サプリメント

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

男性は「クオリア」を飲んではダメですよ。
ダメってことではないですけど、もしかすると胸が大きくなってしまうかもしれませんから…(笑)

 

男性にはこちらの「マカ&クラチャイダム20000プラス」がおすすめです。

 

男性機能をぐんぐんアゲる亜鉛をはじめ、圧倒的精力がつくと話題のクラチャイダムがたっぷり含まれた天然マカ、すっぽん、マムシなどなど…
普段の食生活ではなかなか摂ることができないパワフル成分が「これでもか!」と詰まったサプリメントです。
更年期のどんより感をすっきりさせられますよ!

 

>>詳細はこちら

 

更年期に漢方薬もおすすめ

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

漢方薬は病院でも処方される医薬品でもあります。
ものによっては市販でも漢方専門店でも購入することができますよ。

 

ただ、体質や症状によって適した漢方薬が異なります。
厳密に言えば複数の生薬を組み合わせたものが漢方薬なので、種類はほぼ無限。
そんな中で、おすすめの漢方薬は?といわれると少々戸惑ってしまうのですが…

 

代表的なもので手に入りやすいものだけを、わかりやすくお伝えしますね。

 

女性におすすめの漢方薬

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)

体力は普通又はやや虚弱で、のぼせ・ほてり・イライラ・疲れなどの症状が強い方向け。
上半身にこもった熱を冷まし、ホルモンバランスを整えることで、更年期症状を緩和させます。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

比較的体力があって、頭痛・肩こり・下腹部痛・下半身の冷えが出やすい方向け。
血液の循環を良くして全身を温め、「上半身はのぼせ・下半身は冷え」という「冷えのぼせ」の状態を解消させます。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力虚弱で、頭痛・めまい・肩こり・下腹部痛・動悸・生理不順などの症状が出やすい方向け。
血行を促進するのと同時に水分代謝を良くし、体内の不要な水分を排出させます。

 

男性におすすめの漢方薬

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 

体力は普通又は比較的体力があって、精神的なストレスが不調を悪化させている方向け。
気の巡りとともに心を落ち着かせて、不安感を取り除く作用があります。

 

六味丸(ろくみがん)

体力虚弱で尿量減少又は多尿、身体のほてりや疲労感など体力的なところが気になる方向け。
体内の代謝を調節し、不要物を排出する働きがあります。

 

病院でのホルモン補充療法も

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

女性の場合は主に婦人科・更年期外来・内科、男性の場合は更年期外来・メンズクリニック・内科・泌尿器科・心療内科で、各ホルモンを補充する治療を受けることができます。
医療機関にもよりますが、更年期と診断されればほとんど保険適用可能。
また、治療はせずに検査だけでも更年期以外の疾患やがんなどにかかっていれば早期発見に繋がるので、定期的に足を運ぶようにしましょう。

更年期対策は日々の積み重ねが大切!

 

更年期対策!女性と男性とは大違い!?症状改善に役立つ5つの方法 | 更年期の友

 

更年期対策は、いっときの頑張りだけでは解決できません。
日々の小さな行いあってこそ、症状は緩和されやすくなります。

 

そのためには無理して対策を続けるのではなく、対策を日々の生活にいかにして馴染ませられるかが大切になります。

 

更年期の身体とよく向き合い、最適な方法で若々しい身体を取り戻しましょう!

 

 

>>更年期サプリおすすめ人気ランキング