手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診?

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

  • 起床時に手がこわばって動かない
  • グーがしっかり握れない
  • ブラウスのボタンがうまくつけられない

 

あなたもこんな症状ありませんか。

 

手のこわばりの原因は更年期症状?それとも膠原病?今回は、その原因と対策について迫ります。

 

手のこわばりの原因

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

手のこわばりの原因は様々です。
はっきりとした病気とまではいかなくても、以下の様な状態が積み重なると、手がこわばった様に感じることがよくあります。

 

冷え性

末端冷え性がひどくなると、手にこわばりや、痛みを感じることがあります。食事の量が少なかったり運動不足だったりすると、体内での熱生産量が少なくなるため、体温が低下しない様に交感神経が働き、結果として冷え性が進行していきます。

 

疲労の蓄積

肉体疲労や精神疲労が蓄積されると、心と身体のバランスを保っている自律神経が乱れてしまいます。脳からの運動指令がうまく機能しなくなり、手にこわばりを感じます。

 

加齢による関節の老化

加齢により、軟骨がすり減ると、スムーズに指を握ったり開いたりすることが出来なくなります。肥満気味の人や運動不足の人は特に軟骨がすり減りやすいので、手のこわばりも感じやすくなります。

 

首の歪み

首の骨は、椎骨(ついこつ)という小さな7つの連なった骨で繋がっています。この首の骨を頚椎(けいつい)と呼び、その中には脳から全身に指令を送るための脊髄という神経が走っています。そのため、頚椎(けいつい)が歪んでいると、中の神経にも影響が及び、手の指が握れなかったり、感覚に異常を感じたりします。

 

ストレス

ストレス過多になると、身体は交感神経が優位に働くため、血管が収縮して冷えやすくなります。冷えると手のこわばりも感じやすくなるため、日頃から適度にストレスを発散させましょう。

 

手のこわばりは更年期?

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

40代後半や50代頃になると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少し、更年期障害が起こります。

 

更年期といったらイライラ、のぼせのようなイメージがありますが、実は、手のこわばりも更年期障害のひとつです。

 

整形外科などで色々な検査をしたのにも関わらず、特に異常が見つからなかった場合なども、更年期障害を疑うことがあります。

 

もし、更年期障害が手のこわばりに影響しているとしたら、更年期そのものをよくするような治療を行うことが一番の対策になります。

 

婦人科での治療は、

 

  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 自律神経調整薬
  • 漢方薬

 

などが症状にあわせて処方されます。

 

手のこわばりの原因は関節リウマチ?

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

関節リウマチとは、免疫の異常により、関節が腫れてしまう病気のことです。
朝方に手がこわばるという症状はリウマチの初期症状としても現れるので、もしかしたら・・と真っ先に思い浮かぶ病気の代表例です。

 

  • 朝起きた時に手足のこわばりが15分以上続く
  • その現象が1週間続く
  • 関節が左右対称に1週間以上腫れる
  • 微熱がある
  • 食欲がない、体重が減少した

 

このような症状があると、関節リウマチが疑われます。

 

特に、30代〜50代の女性に多く発症し、男性に比べると女性の患者数は約3〜4倍にものぼると言われています。

 

手のこわばりリウマチ以外の病気の可能性とは

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

リウマチ以外にも、手のこわばりから考えられる病気の種類は様々です。

 

膠原病

膠原病とは、リウマチ性疾患・自己免疫疾患・結合組織疾患の3つが重なり合った病気の総称のことです。比較的女性に多く見られます。

 

全身性エリトマトーデス(SLE)

膠原病の中でも有名なのが、全身性エリトマトーデス。20〜30代の若い女性に多く発症します。免疫異常が原因で、手や顔に発疹、37〜38℃程度の熱などの症状があらわれます。

 

強皮症

強皮症も初期症状として、手のこわばりが感じられたり、むくんだりします。症状が進行していくと手や指全体の皮膚が硬くなっていきます。また、冬の寒い朝などは手先が白くなり、しびれなどの症状が起こるレイノー現象と呼ばれる現象が起きます。

 

変形性関節炎

指の軟骨がすり減ることで靭帯が緩み、関節が変形してしまい指がまっすぐに伸ばせなくなる病気です。

 

ばね指

手を使いすぎると、指の関節が炎症を起こし、腱鞘炎を起こしてしまいます。手をグーパーさせると指の関節がポキっと引っかかり、ばね現象が生じます。腱が滑らかさを失うので手がこわばった様に感じます。

 

手根管症候群

手根管症候群も腱鞘炎のひとつです。手のひらを上にした状態で指の付け根を押すと、痛みを感じます。これは手首付近の正中神経が圧迫されることにより感じる痛みで、朝に強く症状が出ます。

 

パーキンソン病

脳の異常により体の動作に障害があらわれる病気です。筋肉が固く縮まってしまい、関節がカクカクして動きが鈍くなります。

 

線維筋痛症・慢性疲労症候群

手のこわばり以外にも、強い痛み、疲労感や倦怠感、不眠症、うつ症状などがあります。明確な原因は特定されていないと言われていますが、一説には脳の痛みを感じる部分に異常が起きているために発症すると言われています。あまり聞きなれない病名ですが、米国の人気歌手、レディー・ガガが線維筋痛症を理由に活動を休止したことでも有名になりました。

 

甲状腺機能低下症

特に女性に多く見られる病気で、甲状腺分泌ホルモンが異常を起こし、身体の働きが低下します。バセドウ病などで起こるのぼせや発汗、動悸などは更年期障害とも間違われやすく、その他糖尿病や貧血などとも区別が難しいため、ホルモン値の測定など、きちんとした検査が必要です。

 

へバーデン結節

人差し指から小指にかけて、第一関節が変形してしまう病気です。腫れたり、痛みを伴ったりすることもあります。

 

乾癬性関節炎

乾癬と呼ばれる皮膚の病気と関節炎が合併した病気です。手のこわばりとともに皮膚表面にかゆみがあったり、落屑(らくせつ)と呼ばれ、フケの様にボロボロと皮膚がはがれ落ちるような症状が起こります。

 

手のこわばりが一日中続いたら何の病気?

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

上記に挙げた様に、手のこわばりと言っても、多くの疾患の可能性があります。

 

また、違和感の感じ方や痛みの度合いなども人それぞれなため、「手のこわばり」という症状だけで自分が何の病気であるかを自己判断で特定することは、かなり難しいと言えます。

 

かといって、生活に支障をきたすほどではないからと長期間放置することによって、症状が進行してしまう恐れもあります。

 

重大な病気の初期症状であった場合は、早期発見・早期治療を必要とすることもあるので、きちんと医療機関に相談へ行きましょう。

 

手のこわばりは何科に行けばいいの?

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

さて、病院へ行くといっても、何科を受診すれば良いのでしょうか。

 

  • 内科
  • 整形外科
  • リウマチ科
  • 神経内科
  • 婦人科

 

手のこわばりの症状の原因により、上記の様な医療機関が専門機関に該当します。

 

整形外科やリウマチ科であれば、血液検査やX線検査にて、関節の状態をしっかりとチェックしてくれます。甲状腺に疑いがある場合は、内科、内分泌科になります。

 

各種検査にて特に異常がなく、その他の合併症状などから判断して婦人科や更年期外来を紹介されることもあるかもしれません。

 

まずは整形外科やリウマチ科などで検査を受けるのが良いでしょう。

 

手のこわばりはリュープリンの副作用?

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

リュープリンとは、女性ホルモンの分泌を抑えるためのホルモン製剤のことです。例えば、子宮筋腫になった人などが、筋腫の進行を抑える目的で使用したりします。

 

女性ホルモンの分泌を抑えてしまうので、副作用として、更年期障害の様な症状が出ると言われています。

 

  • ほてり
  • イライラ
  • 発汗
  • 頭痛

 

これらのよくある症状に加え、手足のこわばりも更年期障害のひとつにありますので、副作用で手がこわばることも考えられます。

 

実際、リュープリンを注射した人の口コミでも、「指がゴワゴワして曲がりにくくなる」といった声が多く聞かれます。

 

自分でできる手のこわばりの対処法

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

整形外科や内科に罹ったにもかかわらず、原因不明と言われてしまうこともよくあるのが、「手のこわばり」という症状。

 

一時的な症状であれば、多くは血行を促進したり、自律神経やホルモンバランスを整えたりすることで解消することができます。

 

ここでは、自分でできる対策をご紹介いたします。

 

身体を冷やさない

冬であればホッカイロを持ち歩いたり、ひざ掛けを使用して身体を冷やさない様にしましょう。夏でも冷房に当たりすぎず、特に足元などはあたたかい格好を心がけることが大切です。

 

適度な運動

血行を促進するためには、激しい運動よりも、深呼吸をしながらストレッチをしたり、軽いウォーキングをしたりするのがおすすめです。有酸素運動を日々の生活に取り入れ、体全体の筋肉に酸素がよく行き届く様にしましょう。

 

入浴

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

身体に負担をかけないよう、38℃前後のお湯にゆっくりと浸かりましょう。身体の表面を温めるだけではなく、身体の芯からしっかりと温まることが大切です。保湿系の入浴剤ではなく、手のこわばりの改善を目的とした生薬100%の和漢入浴剤などをいれて、血行を促進してあげましょう。

 

>>手のこわばりにおすすめの入浴剤はこちら

 

マッサージ

血行促進なら簡単にできるツボ押しマッサージもおすすめです。
手の甲を上にして、親指と人差し指の間のへこんだ部分にあるツボのことを、合谷(ごうこく)と言います。血行促進や鎮痛作用があるので、テレビを見ながらや、入浴しながら押してみましょう。また、手首の付け根から脇の下に向かって優しくさするようにマッサージを行うと、腕全体の血行を促進することが出来ます。

 

食べ物

血行促進におすすめの食べ物は、ヘム鉄が含まれているレバーや卵、牛乳などです。ビタミンBを含むアーモンドやアボカド、女性ホルモンの働きを活発化させるイソフラボン、若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEを多く含むモロヘイヤやかぼちゃなどもおすすめです。
骨粗鬆症も手のこわばりの原因となるので、カルシウムなども積極的に摂りましょう。

 

手のこわばりにおすすめのサプリ

日々の食生活は気をつけているつもりなのに、なかなか症状が改善しない・・という方は、体質改善のためにサプリで足りない栄養素を補いましょう。

 

エクオール

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

エクオールとは、腸内細菌の力で大豆イソフラボンから作り出した、スーパーイソフラボンのことです。女性ホルモン様作用があるので、更年期障害を改善する効果が期待されています。
また、日本人女性の中でエクオールを体内生成できるのはなんと約半分しかいないと言われており、サプリメントでの摂取が効果的とされています。

 

手のこわばりなどの症状以外にも、目尻のシワの進行を抑えてくれる効果もあり、いつまでも若々しいお肌を保ちたい女性の味方になってくれます。

 

>>エクオールサプリ詳細はこちら

 

グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

加齢による関節の変形、軟骨の減少を感じているなら、普段からグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸をサプリから摂取するのが良いでしょう。
それぞれを単体で摂取しても構いませんが、3種類をいっぺんに摂取できるやわたの「国産グルコサミン」が、コスパが良いのでおすすめです。

 

>>グルコサミン・コンドロイチンサプリ詳細はこちら

 

サポニン

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

サポニンとは、植物の根っこや茎、葉っぱなどに含まれている配糖体の一種のことを言います。肥満予防、酸化防止、抗アレルギー作用、免疫力向上、糖尿病の予防効果などもあります。
特にこれといった原因が見当たらないのに、なんとなくいつもだるい・・と感じている人は、東洋医学では「未病」と診断されます。サポニンが多く含まれる田七人参のサプリメントで、免疫力の向上を目指しましょう。

 

>>サポニンサプリ詳細はこちら

 

さいごに

 

手のこわばりは更年期が原因かも!一日中しびれるなら何科を受診? | 更年期の友

 

手のこわばりの原因は実に様々。
日頃の生活習慣の積み重ねによっても生じる、とても身近な症状です。

 

しかし、重篤な病気の初期症状である可能性も否定はできません。

 

決して自己判断で放置せず、しっかりと専門機関で検査を受けましょう。

 

 

>>おすすめ更年期サプリランキングはこちら